title image

スタッフブログ

ベンツのWIS導入 使い方は勉強中

BMW専門店スパークオートの津村です。
自動車の整備や修理をしようと思えば、何を置いても必要になるのが対応した診断機と整備書や配線図です。
BMW専門店なのでBMW用の物は揃えてあるのですが、時々販売したり入庫してきたりする他メーカーの外国車の関してはそういった物は全くありません。
そこで色々対応可能な診断機を導入したのは先日書きましたが、診断機があったところで整備書や配線図がない事には対応可能な範囲も限られてしまいます。
なくても出来る事はあるにはありますが、例えばエンジンのシリンダーヘッドカバーの脱着一つでもネジやボルトを外して付ければ脱着は出来ます。
ですが締め付け順序や締付けトルクと云うものがあったりしますので、守らずに組み付けると修理したのに直らなかったり壊してしまったりする可能性が高くなります。
国産車であれば整備振興会で有料ですがほぼ全車種の閲覧が可能なのですが、外国車になるとディーラーに聞く等がありますが聞いたり資料を請求しても出してくれない事も多々あります。
なので、自分で色々調べて入手なりしないと仕方がなかったりします。
そんなこんなで結構苦労はしましたがベンツの整備書・配線図が閲覧可能なソフトを入手しました。
2020年度版なので少し古いので最新版を探さねばって感じなのですが、当面はこれで間に合うかな~って思ったり思わなかったり(笑)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください