title image

スタッフブログ

E39メンテナンスの必要になりやすい箇所

普段乗っていると気がつかない部分でも、年数や距離を重ねると劣化したり痛んだり、そんな気付かず進んでいる不具合が、車検時だけのメンテナンスでお車を使い続けていると思わぬ大きな出費になったりする事もあります。
車検だけ通ればいい的なメンテナンスではなく、国で定められている1年毎の点検や、オイル交換時等に軽く点検をお願いしておくと、不具合箇所の発見も早くなり、維持費の分散だけでなく、深刻な状態になる前であれば最小限の修理や整備で済む事もあります。
人間も自分では健康と思っていても、定期健診等で思わぬ病気が見つかったり・・・それと同じです。
早期発見・早期修理が大事なお車を長持ちさせるポイントです。

今日はE39でよくある修理箇所をお教えします。

まずはステアリング・ラック・ブーツ
これは、ハンドルのギアの部分に着いてる部品で、ハンドルと切るとギアが右なり左なりに動き、それに伴い接続されているロッドを介してタイヤが切れるわけですが、この部品はハンドルを切った時にギアが当然切った方向に出て来ますので、ギアの部分を保護する意味で着いているカバーなんです。
こいつが破れていると、車検は当然通りませんが、それよりもギアに異物をかみ込んで傷めたり、シャフトからのオイル漏れの原因になったりします。
気付かず放置してたり、車検の時期じゃないからと放置してると、ギアの交換をしなければいけなくなったりと結局高額になります。

これはパワーステアリングの油圧ホースです。
大体漏れる定番は低圧側のホースなのですが、ホースの硬化や劣化で漏れ出している場合が多いので、高圧側も同じように劣化していると考えた方がいいです。
漏れている部分だけの修理も可能ですが、出費を削って修理後に他のホースが破裂して・・・なんて事もあります。
そうなれば、場合によってはパワステポンプまで交換しないといけないケースもあるので、ホース全て交換しておくのが結果安くつきます。

漏れを放置していると回りの冷却水系統のホース等にオイルが付着し、ゴムを劣化させて関係ないホースまで交換なんて事もあるので、パワーステアリングのオイルが減るなんて事がありましたら早めにご相談下さい。

次はリアのコントロールアームのダストブーツです。
この部分は人間で云うと関節のようになっており、グリスで潤滑しているのですが、これが破れているとグリスが出てしまい、それだけでなく砂や埃で関節を痛めたりグリス切れで金属同士が擦れあい関節がガタガタのグラグラになってしまいます。
発見が早ければダストブーツ(簡単に言えばゴムのカバー)交換で済むのですが、関節(ボールジョイントと言います)を痛めてしまうとアーム丸ごと交換になります。

本来BMWはこの手のボールジョイントのダストブーツは単品で部品設定はなく、破れてしまうと有無を言わせずアーム丸ごと交換なのですが、ボールジョイントさえ問題なければ他車のブーツ流用で治せます。
最近の車は昔の車に比べたら本当にメンテナンスフリーになってきていますが、それでも機械である限りメンテナンスは必要です。
車検とオイル交換さえしていればいいではなく、こまめに点検するだけで出費は最小限に抑えられる事おわかりいただけましたか?
普段から気軽に通える整備工場を見つけておくといいかも知れませんね。
最近は激安車検なんかで、修理はココ・オイル交換はココ・車検はココみたいに使い分けてる方も多いと思いますが、病院をコロコロ変えてたら病歴もわからない治療方針も変わる等あまりいいことありませんよね?
どうしても治らない治せないお医者さんの場合は別ですが(笑)かかりつけ医を持っておくのは大切なように、車だってかかりつけ医を見つけた方がいいですよ。
前にどんな修理したのか、どんな故障傾向があるのか、オーナーの乗り方の癖やメンテナンスの頻度等、知っていた方が整備や修理がやりやすい場合も多々あります。

BMWに限らず、お車のかかりつけ医はスパークオートに!!
ご依頼お待ちしていますね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください