title image

スタッフブログ

BMWの超高性能モデル「M」について(その2)

BMWのハイパフォーマンスモデル「M」を開発するのが、BMW M社。

この「M」シリーズが世界中でその名をとどろかせたのが、初代『M3』です。


初代M3は、ツーリングカーのレースにおいて当時、

主流だった「グループA」のホモロゲーション取得用に企画された市販モデルでしたが

予想をはるかに超え、世界中から熱狂的な支持を獲得したのです。

そして、1991年の生産終了までにM3カブリオレを含めて約1万8,000台を生産する大ヒット車となったのです。

初代に続く2代目(E36型)が1992年に登場しました。2代目M3では、

初めて6気筒エンジンが搭載されたことで、初代を大きく上回る約7万2,000 台を販売しました。

さらに、M3人気は衰えることなく、続く3代目M3(E46型)の生産台数は8万5,000台にも上る大成功をおさめました。

その後、2007年にはV型8気筒エンジンを搭載した4代目M3が登場。高性能スポーツ車としての地位を確固たるものにしました。

一方、BMW M社では、もう一つの代表車種『M5』も、M3の影に隠れながらも着々と進化していきました。

2004年、F1エンジン直系となるテクノロジーを投入した5リットルV型10気筒エンジンを搭載した4代目M5(E60型)が登場しています。

また、1998年、MクーペやMロードスターなどの新たなMモデルも販売。2008年現在、

すべてのM モデルの累計販売台数が30万台にも達しています。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください