title image

スタッフブログ

17年式SEA-DOO GTR230 中間検査&ボートトレーラー継続検査

BMW専門店スパークオート メカニックの門田です。
今回は、BMWではなくPWC(水上オートバイ)です。
大阪市Y様の17年式SEA-DOO GTR230の中間検査ボートトレーラーの継続検査です。
まずは、SEA-DOOの中間検査から。
こちらは大阪市大正区にある日本小型船舶検査機構にPWCを持ち込んで検査を受けます。
その前に、ジェットを整備していきます。
昨年は全く動かさなかったという事で、バッテリーは当然のごとくダメになっていました。
使用していないとは言え前回の交換から1年が経過しているのでエンジンオイルも交換します。
ついでにオイルフィルターも交換です。
スパークプラグは一昨年交換していますが、今年は楽しむ予定があるという事で、交換します。
SEA-DOOの点検が終われば検査機構に持ち込んで検査を受けます。
検査にはPWC以外にも法定備品のチェックもあるので事前に揃っているか確認しています。
30分ほどで中間検査が終わり、SEA-DOOの方は終了です。
続いて、トレーラーの継続検査です。
SEA-DOOを別のスタンドに載せ替え、トレーラー単品で継続検査を受検します。
コチラも検査前にタイヤの空気圧や灯火類の確認、ボルトナットの緩みなどを点検してから受検します。
こちらは普通車と同じ寝屋川の陸運局で受検です。
継続検査が終われば、SEA-DOOをトレーラーに載せれば終了です。

YAMAHA マリンジェット FXクルーザーHO メンテナンス

YAMAHA 2016年式 FXクルーザーHO オーディオ取付

兵庫県宍粟市Y様 SEA-DOO GTR230メンテナンス&PWCトレーラー継続検査

 

BMW専門店スパークオート
メカニックの門田でした

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください